​新型コロナウイルスに感染してしまった時の療養期間について

有症状陽性者の場合
①症状が出始めた日から 10 日間が経過し、かつ症状軽快後 72 時間が経過した場合。

10日以内に症状が軽快した場合、症状軽快後24時間経過した後に「核酸増幅法」もしくは「抗原定量検査」にて陰性が確認され、その検体を採取した24時間以降に再度検体採取を行い陰性が確認された場合。

※ただし、この療養解除のために行う検査に関しては公費の扱いとならず、自費での検査となります。

無症状陽性者の場合
①検体採取日から 10 日間が経過した場合
22104723.png

②検体採取日から日間経過した後に、「核酸増幅法」もしくは「抗原定量検査」にて陰性が確認され、その検体を採取した24時間以降に再度検体採取を行い陰性が確認された場合。

※ただし、この療養解除のために行う検査に関しては公費の扱いとならず、自費での検査となります。

上記条件を満たせば入院・宿泊施設あるいは自宅での療養が解除されます (具体的な日付に関しては、保健所から示されます)。

退院、あるいは宿泊療養・自宅療養が解除されれば、就業制限は解除されますが、具体的な職場 復帰に関しては、職場とご相談ください。
ご希望があれば、就業制限の解除通知書は各区保健福祉 センターで発行できます。ご希望の方は区の担当者にお問い合わせください。
​ 濃厚接触者の外出自粛について 

濃厚接触者については、新型コロナウイルス感染症を発症する可能性があることから、感染した方と最終接触日から 7日間は不要不急の外出を控えるなど保健所の 指示に従ってください。原則 PCR 検査を行う方針となっておりますが、検査結果が陰性となった場合でも、7 日間は発症するリスクがあることから、学校や仕事等の社会生活は控えてください。