在宅医療

”一生涯” 自分らしい生き方​

当院は、在宅で療養を行う患者様に対応するため、常に連絡の取れる体制を確保し、緊急時に備えバックアップ病院と連携を持つ、在宅療養支援診療所です。​

家族に囲まれた住み慣れたご自宅において、いつまでも安心して療養していただけるよう、医師や看護師が訪問し、居宅介護や訪問看護を行う事業所や薬局とも連携をしながら在宅医療に取り組んでいます。​

訪問診療

医師・看護師がご自宅まで診察に伺います​

何らかの身体的事由により通院することが困難な患者様に対して、医師・看護師が診療計画に基づき定期的に(月2回程度)ご自宅を訪問し診察や必要な処置を行います。​

24時間連絡を取っていただける体制を整えておりますので、夜中に急に体調が悪くなった時なども迅速に応対いたします。​

緊急の場合には、協力医療機関との連携により迅速に救急搬送するなどの対応もしています。​

住み慣れたご自宅にて安心して医療を受けていただくことが可能です。​

●血液検査 ●心電図検査 ●尿検査

●呼吸機能検査 ●骨密度検査

●点滴・注射 ●褥瘡処置 ●創傷処置   ●ストマ管理・処置 ●バルン管理・処置

●在宅酸素管理​●人工呼吸器(BiPAP)管理 ●CPAP管理

在宅でも可能な検査・処置​

●血液検査 ●心電図検査 ●尿検査  ●呼吸機能検査 ●骨密度検査●点滴・注射 ●褥瘡処置 ●創傷処置   ●ストマ管理・処置 ●バルン管理・処置●在宅酸素管理​

●人工呼吸器(BiPAP)管理 ●CPAP管理

診療科目

内科全般・皮膚科・心療内科・老年医療

訪問診療と往診の違い

訪問診療とは、定期的な診察のことです。完全予約制で、おおむね2週間に1回(病状により変更)の訪問診療を行います。往診とは、病状の悪化など体調に変化があった際に行う臨時の診察のことです。

訪問看護

訪問看護師が健康管理をお手伝い

専門的な知識や技術をもった訪問看護師が定期的にご自宅を伺い、住み慣れた環境やご家族のもとでその人らしく療養生活が送れるように支援いたします。​

訪問リハビリ

理学療法士による廃用予防

準備中

在宅療養において、リハビリは非常に大事です。経験豊富な理学療法士が身体の状態に合わせて指導いたします。​

訪問診療開始までの流れ

①お問い合わせ・ご相談

 お電話かLINEにてご連絡ください。

​ スタッフより概要をご説明いたします。

06-6468-1441

右のQRコードから当院アカウントにともだち登録後、メッセージのやり取りが可能になります。​

②打ち合わせ

 ご来院もしくは当院スタッフがご自宅等に伺い、患者様の状態確認や今後のご家族のご希望をお伺いいたします。​

③訪問診療開始

​診療計画に基づき、医師がご自宅にお伺いし、診療を開始いたします。

③診療契約締結

訪問診療の内容や医療費等につきご確認いただき必要書類にご記入いただきます。​

《必要書類》​

・各種保険証(医療保険証・介護保険証・

          身体障害者手帳・医療証)​

・医師からの紹介状(診療情報提供書)​

addfriends_ja.png
訪問可能地域

以下の「友だち追加」ボタンで、当院アカウントにともだち登録後、メッセージのやり取りが可能になります。​

大阪市内全域

④診療契約締結

訪問診療の内容や医療費等につきご確認いただき必要書類にご記入いただきます。​

《必要書類》​

・各種保険証

(医療保険証・介護保険証・身体障害者手帳・医療証)​

・医師からの紹介状(診療情報提供書)​

Copyright©2000 Murakami Internal Medicine All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now