AGA外来

AGAとは

こちらのサイトにわかりやすい説明がございます。

http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

jcb-logomark-img-01.gif
discover-logomark-img-08.gif
diners-logomark-img-01.gif

は、ご利用いただけません。

※カード会社の特定禁止商材にあたるため

診療内容

問診・視診によりAGAと診断された方に対して、投薬治療を行います。当診療は保険適用外です。

当院で取り扱いのある薬は主なものとして・・

プロペシア1mg(28錠)8000円

ザガーロ0.5mg(30錠)10000円

フィナステリド1mg(28錠)4500円(プロペシアのジェネリック)

アロビックス外用液30ml 6500円

です。

上記金額には診察費や調剤料等すべて含まれております。

またザガーロ以外は常時在庫しておりませんのでお取り寄せとなりますことをご了承ください。

処方箋を発行してお近くの薬局で処方してもらうことも可能です。その場合は診察代および処方箋料となりますので、どの薬剤を何錠分お選びいただいても当院でのお支払いは1500円となります。調剤薬局では別途、薬剤費および調剤料等がかかってまいりますことをご了承ください。

​AGA治療薬は偽物が多く出回っております。思わぬ副作用を引き起こすこともありますので、正規ルートの薬剤を使用されることをお勧めします。

AGAと他の脱毛の違い

AGA治療は即効性がありません。

主に使用される薬剤であるフェナステリドでは、効果が出てくるまでに約6ヶ月。ミノキシジルでは約4ヶ月かかるといわれています。

​即効性がないので、治療を自己中断される方も多く見受けられます。

​効果発現は個人差がありますが、気長に治療継続することが必要です。

プロペシア・ザガーロ・フィナステリド

<作用>

AGA(男性型脱毛症)の進行を抑え、髪の毛が生え変わる周期である「ヘアサイクル」を正常な状態へ戻すための治療薬です。

 

<副作用>

勃起障害

勃起のメカニズムに影響を与えることで、性的興奮を覚えても勃起しにくくなります。その結果、セックスレスになったり男性不妊になったりする恐れがあります。

精液減少

精液量が少なくなる可能性があります。精液の量と精子の量はある程度比例するため、結果的に男性不妊になるリスクがあるのです。勃起障害と重なることで、さらに男性不妊のリスクが上がります。

性欲減退

性欲が減退することで、セックスレスになる可能性があります。ただし、性欲がどれだけ減退するかには個人差があるため、それほど影響がない場合もあるでしょう。

抑うつ

気分が沈んだり、原因のわからない不安に襲われたりします。仕事や家事、育児などライフスタイルに大きな影響を及ぼす場合があります。

肝機能障害

プロペシアで肝機能障害が起こる確率頻度は0.2%で、1,000人のうち2人に肝機能障害が起こるとされています。これも、肝機能が低下しているかどうかで頻度が変わるため、あくまで参考程度に留めましょう。なお、肝機能障害はほとんどの薬に起こり得る副作用です。

かゆみ・蕁麻疹

成分にアレルギーを起こし、皮膚のかゆみや蕁麻疹などの症状が現れることがあります。

その他

・乳房の女性化や痛み・肝機能障害・黄疸・むくみ・めまい・味覚異常・精巣痛や精巣腫張・脱毛症・多毛症・腹痛・下痢・倦怠感

​服薬における注意点>

女性は肌に触れることも気をつけて

フィナステリドは原則、女性への投与は認められていません。妊娠されている方や授乳期の方は、胎児やお子様の健康への影響も考えられますので、絶対に服用はしないでください。またフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、女性は直接触れることがないよう注意しましょう。治療薬はコーティングされており通常通り服用していれば問題はありませんが、割ったり粉砕したりすると有効成分が女性の肌に触れてしまう危険性が高くなります。必ず錠剤のまま服用するようにしてください。

また、同じような理由からプロペシアを服用している方の献血は禁止されています。輸血を通して、妊娠中の女性の体内へプロペシアが入り胎児に影響が出る恐れがあるためです。もし献血をしたい場合は、服用中止後1か月間待つ必要があります。

初期脱毛

ザガーロの服用を開始すると、1~3か月ほどの間、さらに薄毛が目立つようになることがあります。このような現象を「初期脱毛」と呼び、比較的よく見られる症状の一つです。
初期脱毛の原因は、ザガーロの作用によって髪の毛が生え、成長し、寿命を迎えて抜け落ち、再び新しい髪の毛が生まれる準備をするといった「ヘアサイクル」が整うこと。AGAによって生じた柔らかく細い毛が抜け落ちるようになるため、一時的に薄毛が目立つようになるのです。

しかし、これはごく一時のもの。ヘアサイクルが「成長期」に突入すればコシとハリのある健康的な髪の毛が生えてくるようになります。「薬が効かない」「逆効果だ」などと早合点してしまわずに、医師と相談しながら、じっくりと経過を見るようにしましょう。

PSA(前立腺がん腫瘍マーカー)の検査値異常

ザガーロの有効成分であるデュタステリドはかつて前立腺肥大症の薬で活用されているものであり、PSAという数値を半減させる効果があります。このPSAは前立腺がんの腫瘍マーカーであるため、ザガーロを服用していることを伝えないと前立腺がんを見逃してしまう可能性があります。PSA検査を行う時には、必ずザガーロを服用している旨を医師に伝えましょう。

アロビックス外用液

<特徴>

​塗るタイプのAGA治療薬。皮膚への浸透性が高い。

ミノキシジルと同じく血管拡張作用があり、発毛を促進させる作用にも期待できると考えられています。

<副作用>

過敏症状 皮膚の赤み・かゆみ

アセチルコリン様作用 発汗・発熱・悪寒・吐き気など

<アロビックス外用駅の効果を高めるためには>

異なる作用で薄毛にアプローチするプロペシアなどの内服薬と併用することが効果的です。

<使用上の注意点>

①頭皮が清潔な時に使用する

アロビックスはシャンプーの後など、頭皮が清潔な時に使用しましょう。ただしシャンプー直後などは血行がよくなっているため、副作用が出やすくなっています。少し時間をおいてから使用しましょう。

②1日数回に分けて使用する

アロビックスに配合されているカルプロニウム塩化物の血流促進作用は、持続時間が限られています。そのため1日数回に分けて塗布することで、成分が作用する時間を長くすることができます。

③すぐに使用をやめない

アロビックスはミノキシジルに比べると作用が穏やかで、変化がみられるまでに3か月~半年ほど必要だといわれています。使ってみて変化がないからとすぐに使用をやめるのではなく、長い目で見て地道に治療を続けましょう。

④同じ作用のある薬剤を併用しない

アロビックスと同じ血管拡張作用のある薬剤を併用すると、作用が重複して身体に悪影響を及ぼす可能性があります。併用する薬剤には気をつけましょう。


<禁忌>
・気管支ぜんそく、重篤な心臓病、消化器官の潰瘍、てんかん、パーキンソン病、甲状腺機能亢進症などの持病がある方

受診ご希望の方は

対面診療オンライン診療が選んでいただけます。

オンライン診療であれば、顔を合わせるのは医師のみであり、事務的なやり取りは LINEメッセージ で済ますことが出来、受付スタッフや看護師にも顔を合わせるのが恥ずかしいという方でも気軽に受けていただけます。

313394.png
1935865.png

対面診療の場合

AGA問診票.jpg

 AGA外来問診票 

Or

PDFファイルをプリントアウトしご持参いただくか、便利なWeb問診票をご利用ください。

(※来院時にWeb問診票で回答済みとお伝えください)

診療時間内にお越しいただければ予約なしでも受診していただけますが、待ち時間短縮にご予約をお勧めします!

​受診される方は、以下の問診表をあらかじめ書いてきていただけるとスムーズに診察を受けていただけます。

​もちろん、当院の窓口にもご準備しております。

Web問診票を入力

オンライン診療をご予約ください